Fumi Furuta × Fumiko Ogawa 作品展 記憶の宝箱 Tesoro della Memoria 6/25(水)-7/2(火)

2019年 6/25(火) 〜 7/2(火)11:00~19:00
※7/2(火)は15:00まで、6/30(日)休廊

牧神画廊では、在日スペイン大使館で開催された『古田史(写真家)作品展』を記念して、牧神画廊にて古田史(写真家)と小川富美子(ドールハウス作家)作品展を開催します。スペイン大使館奨励作家の古田史(写真家)は、子供の成長とともに思い出へと変化していった大切な衣類や物たちを撮影し、キャンバスへ転写した作品で知らせています。家族やその思い出に対する優しいまなざしと、これまでに滞在したさまざまな国で体感した文化を独自の色彩感覚で捉え、作品へ反映させた独自の世界観を持つ写真家です。

今回の作品展では、古田と同じく大切な思い出を子供の成長と寄り添いながら作っていった、日本のみならず海外からも評価の高いドールハウス作家・小川富美子のドールハウスやミニチュアの小物と古田と小川のコラボ作品をメインに展観。

古田のこれまでの集大成から新作を加えて展開、江戸時代から継承された江戸から紙や掛け軸、帯など、日本の伝統芸術からドールハウス作品までをご紹介します。

会場:牧神画廊
東京都中央区銀座7-13-22 磯部ビル2F
Tel: 03-5148-5821 / Fax: 03-5148-5822
HP: http://pierota.co.jp/

古田史 / Fumi Furuta (写真家)
東京生まれ。東京にて、ファッション業界で仕事をしたのち、
スペイン、マドリッドで写真を学ぶ。ブルガリア、ソフィアに転居し、フリーのカメラマンとして、主に旅行の写真、記事を手がける。
韓国、ソウルに転居。航空会社の機内誌の仕事を始める。
マドリッドに再転居。ファッション雑誌のスペイン特集にかかわる。
再度、ソウルへ。グラフィックアートに転向し、作品を発表し始める。その後、活動の拠点をマドリッドに移す。2016年より台北とマドリッドで活動中。

Fumi Furuta:http://fumifuruta.com

小川富美子/ Fumiko Ogawa (ドールハウス作家)
神奈川県生まれ、東京在住。東京、京都にて小人数の教室を開催。
子供の頃より手芸が大好きで、ぬいぐるみ、人形、洋裁、レース編み、フランス刺繍、クロスステッチ、パッチワーク、と様々な手芸に親しむ。
結婚後、4人の子育ての中で子供達を寝かせた後の1時間と早朝の1時間を私の時間と決めて、人形や、子供達の洋服、おもちゃを作りをはじめ、子供達が成長した頃、自らの作りたいドールハウスを作りはじめる。1998年 第1回東京インターナショナルミニチュアショーに出展。以後毎年出展に、
日本だけでなく、2015年 シカゴミニチュアショーに出展し、海外からの評価も高い。
2016年 そごう美術館出展、不定期にデパート出展。

小川富美子:http://ogawafumiko.com

入場無料(作品展示&販売)

Fumi Furuta × Fumiko Ogawa Exhibition ~Tesoro della Memoria~
Date: 2019 June 25 Wed. – July 2 Tue. 11:00-19:00
(Last day will be closed at 15:00)
Place: Ginza Bokushin Gallery
(Isobe-building 2F 7-13-22 Ginza Chuoku Tokyo JP)
Tel: 03-5148-5821 / Fax: 03-5148-5822
HP: http://pierota.co.jp/